ケッパーを好評価している方の共通点

ケッパーはフジテレビのバイキングで紹介されて、一挙に有名になり高評価されている育毛剤なのですが、果たして本当にケッパーはテレビ通りの評価なのでしょうか?

成分や実際の口コミを元に分析してみました。

ケッパーが一番評価されているところは、IGF-1育毛理論の提唱者、岡嶋研二博士の監修で生まれた育毛剤というのが新発売のケッパーが評価されている一番の理由だと思います。

ケッパーの評価されているIGF-1とは一体どういうものなのか?

IGF-1はインスリン様成長因子という成分で岡嶋博士の研究で髪の成長にも効果があると評価されている成分です。このIGF-1という成分は配合特許取得したケッパーだけに含まれている成分です。
このIGF-1という成分がケッパーが高評価されている原因ではないかと思います。

ケッパーが高評価を受けている要因として育毛剤の成分にはカプサイシンとイソフラボンという成分が含まれているという点です。

ケッパーに含まれているカプサイシンはご存知唐辛子に含まれている成分で、髪の成長に必要な血行促進の効果があります。イソフラボンは豆腐などの大豆製品に含まれている成分で、これがないと毛髪が生成しないというほど必要な成分です。
この2つの成分が入っている育毛剤はケッパーにしかありません。この点が効果があると評価されているところではないでしょうか。特にカプサイシン配合の育毛剤は敏感肌の人が使用すると、かぶれたり、炎症の原因になりケッパーのような育毛剤を作ることがなかなかできなかったようです。
ですが、昨今の技術の進歩でケッパーは敏感肌の人にも使用できるようになり、ケッパーが評価を受けているところでもあります。

一方で、ケッパーをマイナス評価する方もいらっしゃるかと思います。ケッパーを使用している方でマイナス評価する方に多い一つの原因にシャンプーの使用方法があります。ケッパーを低評価している方に多いのが過剰に洗髪している方です。ケッパーを低評価する方は皮脂=育毛の敵と考えている方です。ケッパーを低評価している方に多い洗髪方法が頭皮を根こそぎ除去する方法です。
ケッパーを低評価する方は皮脂が毛穴に詰まると毛根に良くないと考えがちですが、ケッパーを低評価している方の頭皮は皮脂をガッツリとっているので頭皮は脂分がなく突っ張っています。ケッパーを高評価している方は必要な皮脂が残っていて、それが頭皮を守るバリアになっています。
ケッパーを低評価している方は頭皮を守る皮脂がないので、急ピッチで皮脂を作る環境ができます。これがケッパーを低評価している方に多い頭皮が脂っぽい環境のメカニズムです。

ケッパーの評価している方に多いのが、以外ですがシャンプーをあまりしない方です。ケッパーを評価している方で極端な方は2日に1回のシャンプーで1日は湯シャンで過ごしている方もいます。ケッパーを評価している方の頭皮は常に適度な頭皮というバリアがあります。ケッパーを評価している方はケッパーを低評価している方よりもシャンプーをしていないですが、頭皮はケッパーを低評価した方よりも頭皮のバリアを維持されていて健康な頭皮の持ち主です。



ケッパーを低評価している方で意外と疎かにしている事が、睡眠ではないかと感じます。

ケッパーで頭皮に直接する育毛対策も大事ですが、食生活からも育毛対策をして、補えない所はケッパーサプリで体内から育毛対策することが、ケッパーを評価している方に多い傾向です。